神宮寺真琴のつぶやき~TBossのブログ~

ヒロインアクションの考察から、インディーズムービー・劇場映画の話題まで

ヒロインもヒーローも

 今回は“ヒロイン”ならぬ“ヒーロー”の話を……
 
 暦の上では連休ながら、昨日今日と仕事で出勤。そんで今日の午後ようやく解放されたので、つかの間の休日、娘たちと共に、とある広島市内のデパートで開催されている「仮面ライダーアートギャラリー」に行ってきた。丁度今の広島はゴールデンウィークの一大イベント“フラワーフェスティバル”で多いに盛り上がっているようだが、この「アートギャラリー」も開催が明後日まで、ということで、結構繁盛していた。
 
 歴代の“昭和ライダー”の貴重なスチール(イソギンジャガー死神博士も!)や、アイキャッチにも使われた(というかライダースナックの)石森先生直筆のイラストもあり、私は自分の世界に浸りきって大興奮! しかし娘たちは退屈そうだったかな?
 
 さて、スチールを見届けながら先を進むと……そこにはお目当てだった“初代ライダーとサイクロン号”の等身大模型が……ってなんてリアル!
 
イメージ 1
 
 今にも「来い! ショッカーの改造人間ッ!」と藤岡弘、御大の声で叫び出しそうなそのリアル感には、正直鳥肌が立ったね
 
 生憎、娘たちの方は、ライダーと記念写真を撮ろうにも、「女(“ヒロイン”?)じゃないから撮りたくない」と頑なに拒否したので、結局撮れずじまい。まあ、親父よりもよっぽど“ヒロイン”に義理堅いってことか
 
 それにしても、我々親父世代の琴線に見事なまでにジャストミートするようなこの企画。同様のものをまたこれからも続けてほしい、と切に願ったね。それこそ「“ビジンダー”から東映歴代戦隊ヒロイン、果ては“キューティーハニー”“セーラームーン”に至るまで大集合」なんてイベントがあったら即行だ。その時は娘たちをダシに使えるし……
 
イメージ 2
 
「ヵめん ラィダ~ (ためてぇ)ブイスリャァ!」(仮面ライダーV3!)って聞こえてきそうな御姿!