神宮寺真琴のつぶやき~TBossのブログ~

ヒロインアクションの考察から、インディーズムービー・劇場映画の話題まで

全ての道は「スケバン刑事」に繋がる……

※8月28日開催の「広島発ヒロインアクションチャンピオンまつり」の最新情報は下のリンクでご確認ください。

https://ameblo.jp/jmipf/entry-12687618830.html

 今日は「左利きの日」なんだそうだ。左利きと聞いてまず思い出すのが『スケバン刑事』。主人公の麻宮サキがヨーヨーを構えるのは左手。原作では、元々右利きだったサキが少年院でのリンチで右手を潰されたため、やむを得ず左手でヨーヨーを操っていた、という設定だった。そんな初代サキを演じた斉藤由貴は、自らも箸を持つ以外は左利きだったそうだ。彼女が宇沙美ゆかりの“代役”として麻宮サキを演じることになった、その背景を鑑みるに、なんという偶然! 

 

 

 ちなみに彼女は、月曜ドラマランドの枠で放映された『野球狂の詩』で、NPB初の女性プロ野球選手・水原勇気を演じている(日活の映画版では木ノ内みどり)が、その水原勇気も、設定はアンダースローのサウスボーだった(ピンクレディーの「サウスポー」のイメージ)。まあ、女性野球選手という設定から、勇気もまた“ヒロイン”のカテゴリーに入るキャラクターと言えなくもないか……

 

 ところで、この「左利き」のみならず、「セーラー服」「赤いスカーフ」「ヒロインのグローブ」から「ズベ公」「学園ドラマ」「アクション」「啖呵」「ポニーテール」「白い靴下」にいたるまで、およそ当ブログで話題に出てくるものは、大抵「スケバン刑事」に繋がる。まさに「全ての道は『スケバン刑事』に繋がる」っていったところだっただろうか(;^_^A 今まで撮ってきた「広島発ヒロインアクションシリーズ」はどの話もどこか「スケバン刑事」の影響を受けていると思う。だからいつかは、非公開でもいいので自分なりに完全なる「スケバン刑事」を撮ってみたいものだ(;^_^A

 

 「スケバン刑事」といえば、上記のように「セーラー服」も重要なアイテムだが、28日上映の「広島発ヒロインアクションチャンピオンまつり」では、共にセーラー服(冬服)に身を包みながら、片や「追われる」片や「追いつめる」二人のセーラー服ヒロインが登場する。そんなセーラーヒロインの競演も、是非会場で観賞なさってご堪能ください! イベントの開催は再来週の土曜日28日です(^^)

 

 右が「追われる女」南部京子(『ザ 争奪戦っ!』)、左が「追い詰める女」桃井静華(『BLOOD BLADE』)です(;^_^A

 

 

 

 

「広島発ヒロインアクションチャンピオンまつり」

日時:2021年8月28日(土) 18:00開場 18:30開演
 会場:コジマホールディングス西区民文化センター
   (広島市西区横川新町6-1)
 入場料:前売・予約1,000円(当日1,200円)
 協力:シネマペロ(東京)
    HOUND PROJECT(福井)
 上映作品:『ザ 争奪戦っ!』(胤森淳監督)
      『BLOOD BLADE』(岡田広監督)
      『ストロベリークライム』(稲葉司監督)
      『アイドルスナイパー』(稲葉司監督)

※前売予約に関しては、「お名前」「連絡先(メールアドレス)」「必要枚数」を記載の上、下記メールアドレスまで申し込みをお願いいたします。
jinguji_ipf_s1986@yahoo.co.jp