神宮寺真琴のつぶやき~TBossのブログ~

ヒロインアクションの考察から、インディーズムービー・劇場映画の話題まで

洋画

『妖怪巨大女』を見つけた!!

現在、新作映画のポスプロ作業に追われ、夜もろくに眠れない忙しい日々を送ってるのに、今日、家族サービスで連れて行ったレンタルショップで、このタイトルを発見し、思わず借りてしまったよ(;^_^A ホント、こんなに忙しくて時間を割く余裕もないのに……我な…

映画を観るか、映画を撮るか………

一昨年4月よりスタートした「月に一度は劇場で映画観賞」。途中、今も続く新型コロナウィルス禍にもめげず、今日まで続けている。しかも今年に入って、「月一」が「月二」「月三」となって、先々月7月に至っては「月五」! 週末はほぼほぼ劇場通いを続けて…

ワンダーウーマンとスーパーガールの1984年

最近『ブラック・ウィドウ』がようやく公開されたMCU。他にも”宇宙最強”のキャプテン・マーベルも存在し、かの悪名高き"差別主義者”の元CEOアイザック7・パルムッターが解任されて以降、ヒロインアクションにシフトしている感がある。しかし、マーベ…

靴もブーツも「革」が「化」けて……

今日は「靴の日」。「9(ク)」「2(ツー)」の語呂合わせでく「クツ」とはなんとも短絡的な発想だがヾ(-д-;)、まあ、そんな”記念日”はいっぱいあるわな。古くは6月4日の無私な予防デーだってそうだし(;^_^A ところで、「靴」という漢字は「革」が「化け…

千葉真一と志穂美悦子

昨日はあの衝撃的なニュースに、ずっと気が入らない時間を過ごしてしまった。正直なところ、まだ「お疲れ様でした」なんてコメントが書けないくらい、気持ちが不安定なんだけれど…………晩年はいろいろあったかもしれないが、日本アクション界の祖といっていい…

『ゴジラvsコング』は70年代日本特撮・アニメにオマージュを捧げた作品だった!

今日、観てきました、『ゴジラvsコング』! すでにyoutube上ではネタバレ映像が満載で、観賞前からクライマックスのシーンとエンディングをうっかり観てしまったという、何とも新鮮味に欠ける観賞となってしまった。それもこれも「ゴジラ」の生みの親でもあ…

待望の『ゴジラvsコング』今週公開か……

新型コロナウイルス禍で、昨年の公開が延期になった『ゴジラvsコング』。その一年越しの今年5月の公開さえ延期の憂き目に遭ってしまったが、ここにきて、急遽来月7月2日の日本公開が決まったそうだ。今まで散々待たせておいて、新型コロナが蔓延するアメ…

『カムバック★トゥ★ハリウッド』~ハリウッドの超一流が演じる、予定調和のB級娯楽ムービー~

この週末に、イオンシネマ広島西風新都で『カムバック★トゥ★ハリウッド』を観賞。ロバート・デニーロ、モーガン・フリーマン、トミー・リー・ジョーンズといった、泣く子も黙るハリウッドの重鎮が名を連ねた、それでいてとことんB級テイストに満ち溢れた、…

誰にでもお勧めできる映画は……

2021年皐月の最後を飾る今日31日は「第一回東京国際映画祭」の開催日だったそうで……このイベント、そんなに認識していたわけではないが、その創成期にはかの東映・岡田茂会長や、大映(徳間時代)の徳間康快社長、また奥山和由プロデューサーの父親でもある…

8ミリフィルムを巡って

奇しくも今週のCS・WOWOWプラスでは、『8mm』『SUPER8』という、2本の“8ミリフィルム”をモチーフにしたハリウッド映画が放映される(された)。 もっとも、そのアプローチの仕方は対極をなしていて、ニコラス・ケイジ主演、ジョエル・シュ…

『ゴジラvsコング』にいつ会える?

また『ワンダーウーマン1984』や『ブラック・ウィドウ』の悪夢が繰り返されるのか……?( ノД`) 本当ならば、昨日5月14日に封切られ、今日観賞していたであろう、ハリウッド版というか“レジェンダリー版”ゴジラシリーズの最新作『ゴジラvsコング(Godzilla vs.…

アルコールという“ドラック”

今年度に入って、職場も変わってどうも落ち着かない日々を送っている。そのせいか、絶えず不安が脳裏をよぎって、自宅に帰ってもずっと不安が続き、気が付けば、入浴後就寝前に、ハイボール片手にPCに向かっている時が唯一気分が紛れる“ひと時”になってい…

『マンハント』 ~ジョン・ウー監督が描いた「角川」映画~

昨晩CSでジョン・ウー監督の『マンハント』を視聴。今回が初見だったんだけど、観終わった率直な感想は「何! 何! 凄んげぇ面白いジャン!!」って思い。ジョン・ウー監督と言えば、『男たちの挽歌(英雄本色)』シリーズがお気に入りなんだけど(特に『Ⅱ…

『アントマン&ワスプ』~究極の予定調和なハッピーエンドの果てに~

『アントマン&ワスプ』を観てまず思ったのは、「これってヒロイン活劇じゃん」ってこと。確かに主人公であるアントマンことスコット・ラングは大活躍するけれど、メインキャラは、「アントマンスーツ」を開発したピム博士の娘ことホープが“変身”する2代目…

『アントマン』~ほのぼのドラマを凌駕する「量子世界」~

大昔、アニメ(当時は「テレビまんが」)の主題歌に「アンアンアンアン~アア~ンアン~♪」なんてのがあったけど、これは1966年頃に放映されたアメリカのアニメ『怪力アント』のOP(歌タイトルの方は「鉄腕アント」)で、その続きは「ア~ントア~ント蟻ん…

『ドクター・ストレンジ』 ~サイケでカオスで予定調和で~

恥ずかしながら、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品群の中でも、この『ドクター・ストレンジ』は全くのノーマークだった。何故ならタイトルに「ドクター(医者)」の冠があり、そのイメージからとても「アイアンマン」や「ハルク」や「キ…

『キャプテン・アメリカ』はMCU版『ガス人間第一号』?

全身がアメリカ国旗を模したようなコスチュームを身に纏い、超人的パワーで第二次大戦下のヨーロッパ戦線に殴り込みをかける……そんな「アメリカ万歳」を画に描いたようなキャラクター、それが「キャプテン・アメリカ」に抱いていたイメージだ。『アベンジャ…

「ドブネズミが死んでも悲しむのは蚤だけだ!」

昨日の『アラジン』のレビューで書き漏らしたけど、この作品の中で一番気に入ったのが、冒頭(確か)アグラバーの衛兵がアラジンに言い放った 「ドブネズミが死んでも悲しむのは蚤だけだ!」 ってセリフ。なんてクールなんだ!! いつか自作の映画に使ってみ…

『アラジン』

ディズニー映画にはあまり興味がない。厳密に言えば『アベンジャーズ』を筆頭に「MCU」の作品群も今やディズニー資本の映画になっているけれど、ここではあくまでディズニーアニメや、その実写版リメイクのことである。だから、“家族サービス”で観るぐら…

『アラジン』を観てきたよ(;^_^A

今日は、いきなり娘たちにせがまれて、急遽午後からバルト11で『アラジン』を観賞することになってしまった。これで“劇場出不精”の私としては珍しく、4ヶ月連続の劇場映画鑑賞と相成った。それにしても、今回5回目を迎える娘たちの映画鑑賞遍歴は『かい…

『トイ・ストーリー4』予告編の泣かせるオールディーズ!

4月の『キャプテン・マーベル』、5月の『アベンジャーズ エンドゲーム』、そして6月の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』と、連続して劇場で映画を観賞した(しかも全て洋画!)。自ら自主映画監督を名乗り、何よりも映画が好きと公言して憚らない私…

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 ~『怪獣総進撃』?「ファイナルウォーズ』??

遂に世界同時公開となった『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』。早や封切から2週目に突入したが、幸運にも丁度一週間前になる公開2日目の1日に観賞が叶った。初見の印象は、事前に公表されていた登場怪獣「ゴジラ」「モスラ」「ラドン」「キングギドラ…

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観た!観た!

遂に先月末から『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』封切ということで、出来れば『シン・ゴジラ』の時と同様、その31日に万難を排して作品を観たいと思っていたけれど、それは叶わず。それならば翌1日にとも考えたんだけれど、おそらく人気映画故、当日い…

『エンドゲーム』をギリギリで観た!(;^_^A

今夜、待望の『アベンジャーズ・エンドゲーム』を観てきました! もう公開が明日30日までというギリギリのタイミングで、しかも20:15の回に近郊の109シネマズ広島に行ってきました。そしてガッツリ3時間、一度も時計を確認することなく、一気に観届けたって…

『エンドゲーム』への長い道

『キャプテン・マーベル』を劇場で観た時から……否、その『マーベル』観賞さえも、この映画を観る上で必要だったと思ったから、何としても『アベンジャーズ』シリーズ完結編の『エンドゲーム』:は是非観たいと思っていた。しかし、『エンドゲーム』に至るまで…

どの『アベンジャーズ』?

今日、何と『アベンジャーズ・エンドゲーム』に備えて『アベンジャージ』シリーズの作品が放映された。『~エンドゲーム』を是非観たいと考えている故、その世界観を知るためにこの前作は何とかして“押さえて”おきたいとかねてから思っていた身としては、大…

2.22に「2:22」って名の………

今日は2月22日なんで、「222」で語呂がいいな、って冗談めかしてネット検索かけたら、何と『2:22』なる映画が存在することを知った。わあ、ホンマにあるんじゃなあ(;^_^A ただ、この映画の情報はまだ手に入っていない。果たして何処の国の映画なのか…

『シュガー・ラッシュ:オンライン』③~遊び心はこうじゃなくっちゃ!~

(※先日https://blogs.yahoo.co.jp/jinguji_ipf_s1986/29829991.htmlの続きです) ところで、この『シュガー・ラッシュ:オンライン』では、遊び心というか、キャラクターや声優の起用に、「おおっ!」と唸らせてくれるところがあったよ(;^_^A やはりディズ…

『シュガー・ラッシュ:オンライン』②~カタルシスの行方~

(※先日https://blogs.yahoo.co.jp/jinguji_ipf_s1986/29828689.htmlの続きです) ゲーム「シュガー・ラッシュ」の“住人”であったヴァネロペは、マンネリ化したゲーム世界の中で、常に刺激を求めていた。そんなところが、日々安定した“いつも通り”の生活を望…

『シュガー・ラッシュ:オンライン』①~可視化されたインターネット世界~

最近、レンタルで最新作版(“ロック様”主演!)の『ジュマンジ』を観た娘たちが、「ゲームの中に入って冒険する物語」にえらく興味を持ったようで、そんな訳で、格好の作品として彼女らがチョイスしたのが『シュガー・ラッシュ:オンライン』だった。無難で …